【漫画】量産型人類 最終話

 

 

 

量産型人類

 

 

 

 

 

こんばんはバラシ屋トシヤです。

いよいよ最終回です。

 

本日投稿した15話を読んでいない方はまずそちらからご覧くださいませ!

本編後にあとがき、お知らせ等がありますのでよかったら

最後まで読んでくださいね。

 

宜しくお願いします。

 

それではどうぞ!!

 

 

 

 

 

【最終話】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました。

 

色々と説明するのは避けたいので1つだけ

今回の漫画を描くにあたってのポイントは

いつもバラシ屋作品を読んでくださってる皆さんを信用すること

 

でした。

 

どういうことかといいますと

 

初めの頃に最終話で作業員のクローンだったことが判明した人物を

描くことによって僕の漫画を読み慣れた方であれば

 

『もしかして主人公のクローンなんじゃないか?』

 

と疑ってくれるのではないか?と信じたということです。

 

きっとそう疑ってくれるだろうと信じ

それをあえて主軸にミスリードとして描いて行き

 

実はそこが重要なところではなかったというオチにつなげました。笑

こういう話はたいていの場合主人公もクローンだったで終わることが多いので

主人公をクローンを選別する人物にして

時系列で遊ばせてもらいました。

 

そんな感じです。←どんな感じ?笑

 

 

いよいよ次からは

新人さんとバイトリーダー

2ndが始まります。

 

今回の話やウラオモテが黒バラシ屋だとしたら

ジョイ恋は白バラシ屋だと思っていただきたいです。笑

 

黒の方が好きなのに・・・

白の方が好きなのに・・・

 

さまざまなご意見あると思いますが

 

色んな漫画に挑戦していきたいと思いますので

 

どちらも楽しんでいただけたら光栄です。

 

宜しくお願いします。

 

 

 

最後になりますが

前にお知らせした通り僕は今実家の愛媛に帰っております。

理由は大好きな祖父に顔を見せる為です。

 

先日無事葬儀が終わりました。

僕のことを心配してくれたフォロワーの皆様本当にありがとうございました。

お世話になった祖父が亡くなる前に会うことができてよかったです。

 

気持ちの整理ができているわけではありませんが

今はとにかく漫画を描き続けたいと思っております。

 

これからも頑張ります。

今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

それではまた。