※閲覧注意【家に住む何か】第8話

 

こんばんはバラシ屋トシヤです。

今回は久々に【家に住む何か】シリーズです。

 

 

 

番外編も今回でその5ですね。

 

 

 

あ・・・久々なので確認しておきますが・・・

【家に住む何か】は僕が実際に体験した話や身内に起こった話を綴っております。

このブログを読んで不可解な現象が起こってしまった方も多く存在しています。

未だにインスタグラムなどで多くの方からこんな出来事があった、とDMが送られてきます。

 

そしてなぜかその多く寄せられる内容が皆様ほぼ同じ内容なのです。

 

 

 

 

そして申し訳ございませんが、僕にはいっさいの霊感やそういった現象への対処法を存じておりません。

 

自己責任で読んでいただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

では覚悟の決まった方からどうぞ

 

今までのリンクを貼っておきますね。

 

※完全超絶閲覧注意

 

 

※閲覧注意【家に住む何か】第1話

※閲覧注意【家に住む何か】第2話

 

※閲覧注意【家に住む何か】第3話

※閲覧注意【家に住む何か】第4話

 

※閲覧注意【家に住む何か】第5話

※閲覧注意【家に住む何か】第6話

※閲覧注意【家に住む何か】第7話

 

 

 

 

 

 

 

ではこの続きから・・・。

 

 

 

 

 

【家に住む何か】番外編その5

 

 

 

 

 

 

 

今回も僕が住んでいた家で起こった不可解な現象について

まだ書けていなかったことを二つ紹介したいと思います。

 

 

まずは一つ目。

 

 

僕が高校生の頃・・・10年以上前のことです。

 

 

僕の父は病気がちで何度も入退院を繰り返していました。

かなり重い病気で

入院して

少しよくなって退院

しばらくは家で過ごすけどまた悪くなって入院。

 

 

ということが何年も続いていました。

 

 

 

 

しかし僕は家に父がいてもいなくてもさほど気にしていませんでした。

というか危ない病気であったはずなのに

 

まさか死ぬことはないだろうな〜っとたかをくくっていたのです。

 

 

 

 

 

実際父は僕が大学1年の時に亡くなってしまったので、もう別れの時はかなり近かったんですね。

 

 

 

 

そんな父を襲った出来事です。

 

 

ある日家に

父と僕が2人だけのときがあったのですが・・・

 

 

父はリビングに、僕は二階の部屋にいました。

 

 

僕はそのころ学校とバイトとご飯の時以外は基本的に部屋にこもって漫画に夢中。

なので下に父がいても何も気にしていませんでした。

 

 

 

 

あれは夕方・・・6時すぎでしたか・・・

 

いつもの様に漫画を読んでいると

いきなり下の部屋から

 

 

 

 

 

ドーーーーーーーン!!!

 

 

 

 

という音。

 

 

僕は父が家具かなにかを倒したのだと思いました。

 

流石に物凄く大きな音だったので心配になり下へ降りてみると

そこには・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう話掛けても父は無言で動きません。

僕は焦って仕事に出てた母へ電話。

 

 

「もしもしお母さん!?お父さんが・・・お父さんが倒れた!!」

 

「え?とりあえず救急車!!救急車呼びなさい!!直ぐ帰るから!!」

 

 

 

僕はその状況に焦り救急車より先に母へ電話してしまいました。

少し落ち着きを取り戻し救急車を呼び、父に話し掛けました。

 

「お父さん!!お父さん!!」

 

 

 

すると・・・

 

 

 

「うう・・・うう」

 

ようやく父に反応がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「足・・・足・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「足・・・足・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・それはもう

ハッキリと・・・ハッキリと人が掴んだ跡が父の足首に残っていました。

 

 

 

 

「ト・・・トイレに行こうとしたら・・・足を引っ張られて・・・転んだ・・・」

 

 

 

 

転んだだけなのに

父は息切れをしていました。

 

 

 

 

何故だろう・・・そう思った時フと横に目をやると

 

 

 

 

 

 

 

父が倒れている横に上を向いたアイロンが置いてあったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしている間に救急車のサイレンが聞こえてきて僕は父とともに病院へ。

遅れて母も到着しました。

 

 

 

 

父は肋骨を骨折していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

転けた先に上を向いたアイロンがありそれが肋骨に突き当たったのです。

 

 

 

 

 

 

 

家にあったアイロンは先がそこまで鋭利なものではなかったので大事にはいたりませんでしたが

かなり危なかったです。

 

 

 

 

それより気になるのは何もないところで転んだ父。

父はずっと誰かに足を引っ張られたと言っていました。

 

 

 

 

 

 

そして母も

 

 

 

 

アイロンなんてそこに出した覚えはない

 

 

 

そう言っていました。

 

単なる偶然でしょうか・・・?

 

 

それとも

父に対して敵意をもった何かが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてもう一つ。

 

 

 

 

今まで書いていなかったのですが僕の家には

『ミー』

という名前の犬がいました。

 

 

 

その犬は少し変わった犬で

人のことを舐めるだとか、何かに反応して吠える

 

・・・という犬なら当たり前のことを全くしませんでした。

 

 

 

そんなミーがある日の深夜・・・

今までに聞いたことない声で吠えていたのです。

 

 

僕はその声で起きました。

他の家族は眠っていたそうです。

 

 

 

 

 

しばらくしてもミーは静かになる様子がありません。

廊下で吠えていたので

たまりかねた僕は二階の部屋から階段の下に向かって顔を出したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミーは僕の方・・・

 

 

いや

 

 

 

 

 

 

 

顔を出す前からずっと

階段の先へ向かって吠えていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

犬や猫などの動物は人間に比べて

第六感が発達している

・・・なんてテレビでよく聞きますよね?

 

 

 

 

 

 

 

あの時のミーには

 

 

 

 

 

 

 

 

一体何が見えていたのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上で終わりです。

 

細かい出来事はこの他にもたくさんあったかもしれませんが一通り僕が体験した話や

家族から聞いた話は終わりです。

 

 

 

 

 

終わり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のはずでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが

 

 

 

 

 

 

あの家を久々に見に行こうと決意し先週まで愛媛へ里帰りしてました。

 

 

まあ素人ですし霊感もないのでそんなに詳しく調べる事はできませんでしたが・・・。

 

 

 

あの家

 

 

 

 

ちゃんと見てきましたよ。

 

 

 

 

そして母から父の死について

 

 

今まで聞いたことのなかった話をされました。

 

 

 

 

 

次回

【家に住む何か】最終回

 

 

です。

少し調べてきた内容と現在のあの家の様子

 

 

 

そして父の死の間際の出来事について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

ここまでお付き合いありがとうございました。

 

そしてどうか

次で最終回なのでよかったら最後までお付き合いいただければと思います。

 

 

それでは。また。

 

 

 

 

 

 

 

Advertisement