※閲覧注意【家に住む何か】第5話

こんばんは。バラシ屋トシヤです。

 

季節の変わり目で暖かくなったり寒くなったり毎日大変ですよね。

 

この間の更新のあと告知したインスタグラムのコメントやこのブログのコメント欄にも寄せられたのですが

このブログを読んでいる最中に結構な人数の方に不可解な現象が起こってしまったみたいですね・・・。

ついにか・・・・・・。

 

 

あの女の子の絵が出たところでスマホの電源が落ちてしまったり、何度やっても接続ができなかったり

読み終わった時間がちょうど2時30分だったり。さまざまな報告をいただいております。

 

 

皆さまくれぐれもお気をつけ下さいね。

(そんなことしか言えなくて申し訳ありません。)

 

 

ではさっそく本編にいきたいと思います。

 

 

 

 

 

※完全閲覧注意です!!

 

 

 

 

 

 

 

【家に住む何か】番外編その2

 

 

 

僕が今住んでいる神奈川県にあるこのアパートは閑静な住宅地の中にひっそりと佇んでいます。

2DKで家賃5万

このあたりの土地ではかなりの格安物件です。

 

このアパートには若い方はほとんど住んでおらず、一人暮らしのご老人の方がほとんどを占めています。

そんなこともありボロいアパートではありますが基本的には静かで、日中であってもほぼ隣から音がすることがありません。

 

 

まずは↓の図をご覧下さい。

 

 

 

 

 

僕の部屋は207号室です。先日まで208号室に人は住んでいませんでした。

グーグルアースをやっていた時に壁を叩く音がした部屋です。

 

 

そこへ最近年配の男性の方が引っ越してきたのです。

一度だけ顔を合わせたことがありますが、僕とは生活リズムが違うのかほぼお見かけすることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

ところがある日突然、僕の部屋のポストにこんな手紙が入れられてたのです。

※少し文章がおかしいですがそのまま書きました。

 

初めは僕の部屋がうるさいという文句だと思っていたのですが

よくよく読みますとそれは

 

 

 

下の階の方がうるさいからこっちもやり返す。だからしばらく自分の部屋もうるさくなるぞ。

 

 

 

 

 

というお知らせの手紙だったのです。

 

うるさくされても僕はあまり気にならないので平気でしたし

隣人トラブルに巻き込まれたくなかったので、関わらないように放置していました。

 

 

 

ちなみに下の階からドンと響く音がするとこの手紙には書かれていましたが、僕の部屋は隣にもかかわらず

そういった音を感じたことは一度もありませんでした。

 

正直言って少しおかしな方なのかな?(わざわざ僕の部屋に手紙を入れてくるのもなんだか変。)

下に住んでいる方は気の毒だなあ・・・そう思っていました。

 

 

しかしあるとき徹夜して

まだ明るくなる前の早朝に僕がゴミを出そうと外へ出たときのこと・・・

 

ズシン!ズシン!

 

確かに下の階から響いてくるような音がしたのです。

その音が鳴った直後208号室からもドンドンドンドンと下の方にやり返す音。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後意識をすると確かに下の階からはズシンズシンと響く音が。

手紙に書いてあった通り深夜、早朝の皆が寝静まっている時間帯にその音はするのです。

 

 

そしてお知らせがあった通りその音がするたび隣の方は床を叩き返すのです。

 

 

次第に僕は下からの音より隣の方のやり返す音の方が気になるようになりました。

 

 

あるとき逆のお隣さん・・・206号室の方と話す機会がありました。

206号室は女性のご年配の方の一人暮らしなのですが僕とは時々世間話をする仲でした。

 

 

そのとき僕は208号室の方の話をしたのです。手紙が入っていたことや下の方へやり返していることなど・・・全てを話しました。

 

 

 

それを聞いた隣の方は少し眉をひそめ

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・そう言ったのです。

そしてこう続けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話によるとそのときは大家さんも挟んで大分大きな揉め事になったらしいのですが

全く解決には至らず結局出て行ってしまったそうです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

「下の階の方は何をやっているんですか?深夜や早朝から・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・あなた何を言ってるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「下の部屋には誰も住んでいないのよ・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり108号室・・・その部屋には誰も住んでおらず何年も空き部屋になっていると言うのです。

 

「いやいやいや確かに聞こえましたよ!ズシンズシンと響くような音が!じゃああれじゃないですか?僕の部屋の下の人・・・つまり107号室の方が騒音を出してるってことですかね!?」

 

 

 

 

 

 

「私107号室の方と仲良くてさ、騒音を出したりするような人じゃなさそうだけど・・・。」

 

「でも、だったらあの音は・・・。」

 

 

 

 

丁度そんな話をしているときでした。下から階段で男性の方が上がってきたのです。

 

 

 

「こんにちは。」

その方は107号室・・・僕の真下に住んでいる方でした。

その方は50代くらいの男性で一人暮らし。このアパートでは僕の次に若い方だと思います。

 

「あのこんな手紙が・・・。」

 

 

 

 

 

その男性が手にしていたのは僕の部屋のポストに入っていた紙と同じものでした。

内容はこんな感じです。↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

「僕こんな騒音出してないですよ…。何なんですかね。昨日この手紙を見つけたんですけど全く身に覚えがあないんですよ。」

 

 

 

 

その男性は上に住んでいる僕か、もしくは隣の方が手紙を入れたんだと思いどうしようかと思っていたところ

僕たちの話し声が聞こえたのでやってきたそうです。

 

 

 

 

「その手紙を入れたのは208号室の方ですよ。」

 

 

 

 

 

しばらく3人で話していましたが、確かにその方は騒音を出すような方ではなく大人しそうな真面目そうな人でした。

 

 

 

 

今の状況から考えると隣の208号室の男性はどうやら下の階の108号室に手紙を入れにいったが

そこには誰も住んでいないと知り、ということはその隣の107号室の男性が騒音を出しているのだと判断し手紙を入れた・・・という感じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

謎は深まるばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに206号室のご年配の女性はこのアパートに住んでもう20年以上が経つそうなのですが

このアパートに入ったその当時にも騒音問題があったそうなんです。

 

というのも108号室・・・つまり今空き部屋になっている問題の部屋。

 

 

 

 

そこには当時軽い認知症を患っていた80代くらいの女性が住んでいたそうなんです。

 

 

 

 

 

話によるとその女性は目と足も悪くとても一人暮らしができるような状態ではなかったそうなのですが

施設にもはいらずその部屋に住んでいたそうです。

 

 

 

 

 

その方はしきりに誰かに覗かれてると言って壁を叩き夜中にもかかわらず叫び暴れて警察ざたになったことも度々あったそうです。

 

 

 

 

 

 

そんなこともあり数年で出て行くことになったそうなんですが

 

 

 

その女性は

実際には存在していない何か・・・

いやその方には見えてたのかも知れません。

その何かに対しての警告文を玄関の扉一面に貼り付けていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※話を元に書きました。

 

 

 

 

 

 

 

その女性がいなくなって20年、それからも数名の方が108号室に引っ越してきますが

どの方も数年もしない内に出て行くそうです。

そして近年は人が入ることもなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

それと今の騒音問題・・・関係があるかどうかはわかりません。

その後206号室の年配の女性の方が直接208号室の方とお話をし

108号室には誰もいないし

107号室の人はそんな騒音を出すような人ではない。

 

そう説明したそうです。

 

 

 

 

 

しかし
未だに208号室…つまり僕のお隣さんはいないはずの108号室の何かと戦っています。

 

 

 

 

お隣さん・・・大丈夫でしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

あと

 

 

 

 

 

 

 

問題なのは下からの音は僕にも聞こえてしまっているということなんですよね・・・・・・。

107号室の男性は隣なのにそんな音は聞こえたことがないそうです・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は以上です。いつものごとく何も解決していなくて申し訳ありません。

今回のことは多分昔からのことなので僕の家に住んでいた何かとは関係ない

 

・・・と思います。

 

次回なんですが

このブログを読んだ母から連絡がきたのですが・・・・・・そこであの家に関する新事実を聞かされました。

そして最近なんですが僕

毎日のようにあの家の二階にいる夢を見るんです。

その話を書いていこうと思います。

 

 

それではまた。お付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertisement